食品化学


 食品化学
編修 高野克己、竹永章生、安田和男、山本祐司、山内淳、辻井良政、岡大貴、片山章太郎、小澤清江、石塚和子
定価 1,540円(本体:1,400円)
仕様 B5判 224頁
ISBN 978-4-407-34874-3
発行日 2020年02月20日発行

●新しく「食品分析の実践」の章を設け、食品分析の意義と、実際に行われている成分分析や衛生検査などを紹介しました。 

 

●「食品化学実験の基礎」を付章として設け、実験を行う意義や器具の取り扱いなどの基礎知識が学べるように配慮しました。

 

●付録には、化学の基礎知識、実験に使う試薬の調整法やおもな標準溶液のつくりかた、事故に対する注意事項などを掲載しました。


第1章 食品化学の役割
1 食品化学の領域
2 食品化学と食品製造
3 食品化学とプロジェクト学習

第2章 食品の成分
1 食品成分の分類と機能
2 水分
3 タンパク質
4 資質
5 炭水化物
6 無機質
7 ビタミン
8 微量成分

第3章 食品の栄養とその評価
1 食品成分の消化と吸収
2 おもな栄養素の代謝
3 栄養改善と健康
4 食品の栄養的価値とその評価
5 食品群別の成分と栄養

第4章 食品の成分分析
1 食品の成分分析の意義
2 飼料の採取・調製・保存
3 水分
4 タンパク質
5 資質
6 炭水化物
7 無機質
8 ビタミン
9 そのほかの分析

第5章 食品の衛生検査
1 食品衛生管理の意義
2 異物の検査
3 細菌の検査
4 水質の検査
5 食品添加物の検査
6 農薬

第6章 食品分析の実践
1 食品分析の意義

付章 食品化学実験の基礎
1 実験のはじめに
2 基本操作
3 基本的な分析法

付録
さくいん


  • 本文図版データ  会員専用  Update:2021-05-24

    「食品化学」本文図版データ