第94回全商簿記検定試験3級(令和4年6月実施)の対応について

 学習指導要領の改訂にともない,全商簿記検定試験3級は第95回検定(令和5年1月実施)より出題内容が変更となります。その主な変更点の例としまして,「手形取引」「現金過不足」「引出金」「有価証券」などの項目は3級から2級に移行します。
 ただし,第94回検定(令和4年6月実施)につきましては,原則として旧検定の出題形式・出題範囲のままですが,内容の一部は新検定に準じたものとなります。
 また,全商協会の新検定出題例(サンプル問題)第4問(1)では,簿記用語の基本的な英語表記の問題が掲載されており,第91回検定の第4問(1)でも同様の英語表記の問題の出題実績があることを踏まえ,第94回検定対策としまして,念のため英語表記の資料をご用意いたしましたので,必要に応じてご活用ください。
 
簿記用語の基本的な英語表記