新版 産業社会と人間


 新版 産業社会と人間
小林一也
定価 1,310円(本体:1,191円)
仕様 B5判 152頁
ISBN 978-4-407-30109-0
発行日 2003年03月01日発行

総合学科の原則履習科目である「産業社会と人間」の学習書

●産業社会を総合学科5大系列である、自然科学、人文社会、国際、情報、環境福祉の観点から紹介し、より具体的な進路選択の手助けとなるよう工夫しました。

●プレゼンテーションによる自己表現など、将来の社会生活に必要な態度やコミュニケーション能力の育成についても重視しています。

 

学習活動の手法

  1ディベート
  2ブレーンストーミング
  3パネルディスカッション
  4ロールプレイング

第1章 人間生活と職業

 1 自分と生活
  1自分をみつめよう
  2家庭に生きて
  3社会に生きて
 2 職業と産業
  1職業の種類
  2職業人の生きがい
  3のぞましい勤労観・職業観
 3 職業生活
  1職業に関する法規
  2職業と資格
 プレゼンテーション
  1プレゼンテーションとは何か
  2プレゼンテーションの形式
  3プレゼンテーションの流れ

 

第2章 産業の発展と社会の変化

 1 産業の発展
  1産業構造と就業構造の変化
  2国際化する日本の企業
 2 情報社会
  1情報社会の進展
  2これからの情報社会
 3 社会生活と地球環境問題
  1いま地球環境は
  2地球環境のためにできること
 4 科学技術と産業
  1生物生産
  2海洋資源
  3ものづくりの技術
  4伝統技術
 5 人文社会と産業
  1ビジネス
  2「豊かさ」とは何か
  3心豊かな社会生活への課題
  4これからの産業社会を考える
  5スポーツ・余暇産業
  6生活文化
 6 福祉・ボランティア
  1医療・福祉サービス
  2ボランティア
 7 職業とライフスタイル
  1公務員
  2マスコミ・芸能
  3自由業

 

第3章 進路と自己実現

 1 職業適性と自己
  1体験的学習と自己
  2おもな職業と適性
 2 自己の適性と進路
  1個性理解と進路選択
  2将来の生き方と進路選択
  3進路と学習計画

さくいん