商業724 最新プログラミング オブジェクト指向 プログラミング
令和5年度用 新刊


 商業724 最新プログラミング オブジェクト指向 プログラミング 令和5年度用 新刊 試し読みはこちら
執筆・編修 並木通男、安藤孝司、鹿目新、佐々木明、内藤義之
協力 江口真平、増山祐哉、松林克也、渡邉渡
仕様 B5判 294頁
ISBN 978-4-407-20577-0
発行日 2023年02月25日発行予定

オブジェクト指向型言語Javaによるプログラミング技術を習得する教科書

全商1級・2級に対応 プログラミング部門   ・全商情報処理検定プログラミング部門1級・2級の関連用語とアルゴリズムを網羅。
・巻末にプログラミング言語間の対応表を掲載(VBAに対応)。

Java システム開発実習   ・実務的なテーマでJavaシステムを開発する実習を掲載。
・後見返しでは、本書で作成するシステムの概要を掲載。

Web システム開発実習 HTML/PHP など   ・急速に普及するモバイル・Web環境に対応。
・就職後、将来的に必要性が増すであろうスキルを学習。

1章 情報システムとプログラミング
1 情報システムの重要性
 1 情報システム
 2 システムの利用例
2 プログラム言語の種類と特徴
 1 開発環境とプログラム言語
 2 おもなプログラム言語
 3 開発支援ソフトウェア
3 プログラミングの手順
 1 プログラミングの位置付け
 2 プログラムの作成手順
探究問題
2章 アルゴリズム
1 アルゴリズムの表現技法
 1 流れ図(フローチャート)
 2 その他の表現技法
2 基本的なアルゴリズム
 1 基本制御構造
 2 Javaの基本構造
 3 データの入出力
 4 繰り返し処理
 5 データの集計
 6 条件判定(二分岐・多分岐)
 7 最大値・最小値
 8 コントロールブレイク
3 応用的なアルゴリズム
 1 配列の利用(一次元・二次元)
 2 探索
 3 順位付け
 4 整列
探究問題
 
 
3章 プログラムと情報システムの開発
1 情報システム開発の手法と手順
 1 システム開発のプロセス
 2 ソフトウェアの開発モデル
 3 ウォーターフォールモデルのシステム開発手順
 4 テストランとデバッグ
 5 業務のモデル化
2 プロジェクト管理
 1 プロジェクト管理(マネジメント)
 2 プロジェクトコストマネジメント
3 オブジェクト指向型言語の利用
 1 オブジェクト指向によるシステム開発
 2 システム開発1「会員管理システム」の開発
 3 システム開発2「売上管理システム」の開発
4 オブジェクト指向型言語によるクイズアプリの開発
 1 クラスの継承
 2 システム開発3「クイズアプリ」の開発
5 情報システムの評価と改善
 1 品質マネジメント
探究問題
4章 情報システムの開発演習
1 Webページ作成の基礎
 1 HTMLの活用
2 スタイルシートの活用
 1 スタイルシートの活用方法
3 PHPの活用
 1 PHPとHTMLの連携
 2 PHPの基本文法
 3 PHPでのプログラムの作成
4 データベースとの連携
 1 リレーショナルデータベース
 2 データベースの作成
5 携帯型情報通信機器用ソフトウェアの活用
 1 携帯端末用ソフトウェアの開発
 2 携帯端末用のプログラムの作成
6 手続き型言語の利用
 1 手続き型言語とは
 2 データの入出力と演算
 3 条件判定と繰り返しを用いた入力支援システム
 4 配列とファイルの利用
探究問題
 
 
5章 ハードウェアとソフトウェア
1 データの表現
 1 数値データの表現方法
 2 基数変換
 3 コンピュータで使われる補助単位
 4 2進数による数値の表現
 5 誤差
 6 論理演算
 7 データ構造
 8 処理内容に適した形式の変換
 9 文字データの表現方法
2 ハードウェアの機能と動作
 1 コンピュータの五大装置
 2 中央処理装置(CPU)
 3 メモリのしくみ
 4 入出力装置と入出力インタフェースの種類と機能
 5 補助記憶装置の種類
 6 情報システムの構成
3 ソフトウェアの体系と役割
 1 ソフトウェアの体系
 2 システムソフトウェアの役割
4 情報セキュリティ
 1 情報セキュリティの目的
 2 暗号技術
 3 認証
 4 リスク分析
 5 マルウェア対策
章末問題
 
関連用語の解説
さくいん

 

  • 検討の観点と内容の特色・年間学習指導計画案・評価の観点   Update:2022-06-03
    「商業724 最新プログラミング オブジェクト指向 プログラミング」検討の観点と内容の特色・年間学習指導計画案・評価の観点