生命科学のための基礎 化学


 生命科学のための基礎 化学
監修 大島泰郎
執筆 太田博道、岩村道子、大場茂、西山繁
定価 2,200円(本体:2,000円)
仕様 B5判 248頁
ISBN 978-4-407-02411-1
発行日 2002年03月01日発行

生命科学を学ぶ学生のために、内容を選択して掲載したテキスト。高校で化学を十分に学ばなかった学生にも配慮しました。学ぶ際にあげる事例は、なるべく後日学ぶ生命科学に関連した題材(生体内の反応など)を使いました。

●目次●第1部 無機・物理化学編:1章 原子の電子構造/2章 化学結合/3章 物質の構造と物性/4章 化学反応と熱力学/第2部 有機化学編:1章 有機化学の基礎/2章 生体物質の化学/3章 有機反応編



第1部 無機・物理化学編
第1章 原子の電子構造
 1-1 はじめに
 1-2 粒子性と波動性
 1-3 原子軌道
 1-4 原子の電子配置
 演習
第2章 化学結合
 2-1 二原子分子
 2-2 混成軌道
 2-3 パイ共役系分子
 2-4 無機分子の構造
 演習
第3章 物質の構造と物性
 3-1 物質の三態
 3-2 気体の分子運動
 3-3 結晶
 演習
第4章 化学反応と熱力学
 4-1 熱力学関数
 4-2 物質の熱化学データ
 4-3 化学平衡
 4-4 反応速度
 演習

第2部 有機化学編
第1章 有機化学の基礎
 1-1 分子の形
 1-2 有機分子の中の電子の動き
 1-3 分子間力
 演習
第2章 生体物質の化学
 2-1 はじめに
 2-2 糖類の化学
 2-3 アミノ酸の化学
 2-4 核酸,ヌクレオシド,ヌクレオチド
 2-5 テルペン
 2-6 脂質
 2-7 生体の生理活性物質
 2-8 まとめ
 演習
第3章 有機反応編
 3-1 はじめに
 3-2 脂肪族求核置換反応
 3-3 付加反応と脱離反応
 3-4 アルコールおよび硫黄化合物の反応
 3-5 カルボニル化合物の反応
 3-6 カルボン酸およびその誘導体の反応
 3-7 アミンの反応
 3-8 芳香族化合物の反応
 演習

演習問題解答
付録
 1.化合物命名法 2.結合の種類 3.アルキル基などの構造,英語表示と略号 4.置換基の名称 5.有機化合物の分類 6.物理・化学定数 7.国際単位系(SI) 8.SI以外の単位 9.解糖系とTCAサイクル

索引

  • 正誤表(第8刷用)   Update:2015-04-01
    「生命科学のための基礎シリーズ 化学」正誤表(第8刷用)