農業705 森林科学
令和4年度用 新刊


画像がありません
文部科学省
仕様 B5判 346頁
ISBN 978-4-407-20592-3
発行日 2022年02月25日発行予定

本書は、高等学校の農業科などで履修する科目「森林科学」の教科書として編修したものです。


第1章 森林の役割
 第1節 森林の多面的機能
  第1 森林とは
  第2 森林の多面的な機能
  第3 多面的機能の総合的発揮
 第2節 森林管理の意義
  第1 持続可能な森林管理
  第2 森林認証の制度
  第3 育林技術
  第4 育林の役割
  第5 育林の課題と新しい方向

第2章 森林の生態
 第1節 森林の生態と分布
  第1 生態系
  第2 気候と植生
  第3 日本の自然環境と植物群系の分布
  第4 植物群落の遷移
 第2節 林木生育と環境
  第1 樹木
  第2 材木の生育特性
  第3 材木の生育に関わる環境因子

第3章 森林の育成
 第1節 育苗と造林
  第1 造林と伐採、更新、保育
  第2 森林の更新
  第3 材木の育苗
  第4 材木の育種
  第5 造林の実際
 第2節 森林の保育と保護
  第1 森林の保育
  第2 森林の保護

第4章 山地の保全
 第1節 治山治水
  第1 治山の重要性
  第2 山地の荒廃
  第3 水の循環
  第4 渓流工事
  第5 山腹工事
  第6 地すべり防止工事
 第2節 林道と作業道
  第1 林道と作業道の役割
  第2 林道計画と設計
  第3 林道の施工と保守管理
  第4 作業道計画と設計

第5章 木材の生産
 第1節 材木の伐採
  第1 伐採をめぐる問題
  第2 作業計画
  第3 伐採方法
 第2節 造材と集材
  第1 造材
  第2 集材
 第3節 木材の運搬
  第1 トラック運材
  第2 貯木

第6章 人間社会と森林
 第1節 森林利用の変遷
  第1 縄文時代・弥生時代・古墳時代
  第2 奈良時代・平安時代
  第3 鎌倉時代・室町時代・戦国時代
  第4 江戸時代
  第5 明治時代・大正時代・昭和時代
  第6 昭和20年代以降
  第7 平成元年~現在
 第2節 流域社会と人の暮らし
  第1 水源地の森林管理
  第2 河川生態系の問題
  第3 湿原生態系の課題

索引