工業361 ソフトウェア技術


 工業361 ソフトウェア技術
編修 茅野昌明 ほか5名
仕様 B5判 184頁
ISBN 978-4-407-20300-4
発行日 2014年01月25日発行

ソフトウェアの機能と操作の両面から解説し、情報セキュリティを詳しく解説した教科書

新学習指導要領に対応し、大幅な改訂を行いました

学習指導要領の改訂にともない、ソフトウェア・オペレーティングシステム・ソフトウェアの管理・情報セキュリティ・ソフトウェアパッケージの運用で構成しました。

2色化し、図やイラストを多用したわかりやすい紙面を心がけました

ソフトウェアやオペレーティングシステムのはたらきを、理解しやすいよう、図を多用して解説しました。

第4章「情報セキュリティ」の新設

学習指導要領の項目に新たに取り上げられた、「セキュリティ技術」を第4章として章立てし、情報資産・情報への脅威・セキュリティ技術・法規を、イラストを多用しわかりやすく説明しました。

基本情報技術者試験への配慮

基本情報技術者試験で出題されている用語を、できるかぎり取り入れました。


第1章 ソフトウェアの基礎
1節 ソフトウェアの重要性
 1 ハードウェアとソフトウェア
 2 ソフトウェアの基本
2節 ソフトウェアの分類
 1 ソフトウェアの分類
 2 OS
 3 ミドルウェア
 4 プログラミングツール
3節 コンピュータシステムの処理形態
 1 コンピュータネットワークシステム
 2 コンピュータの配置による分類
 3 オンライン処理とオフライン処理
 4 コンピュータシステムの利用形態
 5 そのほかの処理システム
 章末問題

第2章 オペレーティングシステム
1節 OSの概要
 1 OSの働き
 2 OSの目的
2節 OSの機能
 1 制御プログラムの働き
 2 ジョブとタスク
 3 タスク管理
 4 記憶管理
 5 データ管理
 6 入出力管理
 7 通信管理
 8 運用管理
 9 障害管理
 章末問題

第3章 ソフトウェアの管理
1節 インストールと環境整備
 1 コンピュータシステムとOSの選択
 2 インストール
2節 小規模ネットワークの編成
 1 ネットワークの基礎
 2 サーバの管理
 3 利用者管理
3節 セキュリティ管理
 1 OSのセキュリティ
 2 ネットワークセキュリティ
4節 障害管理
 1 システム状況の監視
 2 障害情報の収集と対策
 章末問題

第4章 情報セキュリティ
1節 情報セキュリティの基礎
 1 情報セキュリティの基本概念
 2 情報システムにおける危険性
 3 感染経路とセキュリティ対策
2節 情報セキュリティ技術
 1 暗号化技術
 2 認証技術
 3 暗号化技術の利用
 4 ネットワークセキュリティ
3節 情報に関する法規
 1 情報セキュリティ管理
 2 ソフトウェアの法的保護
 3 情報セキュリティに関する法律
 4 情報セキュリティ関連制度
 5 標準化団体と規格
 章末問題

第5章 ソフトウェアパッケージの運用
1節 ソフトウェアパッケージ
 1 ソフトウェアパッケージの分類
 2 ソフトウェアパッケージの特徴
 3 各種のソフトウェアパッケージ
2節 アプリケーションパッケージ
 1 いろいろなアプリケーションパッケージ
 2 アプリケーションパッケージの活用
3節 情報の収集と活用
 1 情報の収集と活用のためのコンピュータシステム
 2 情報の収集
 3 情報の加工
 4 情報の整理
 5 情報の発信
 6 Webブラウザを用いたクラウドコンピューティングの利用
 章末問題

問題解答
索引


  • 年間指導計画案・観点別評価一覧   Update:2014-03-13
    「工業361 ソフトウェア技術」年間指導計画案・観点別評価一覧