工業347 自動車整備


 工業347 自動車整備
編修 古川純一、猪口明 ほか13名
仕様 B5判 296頁
ISBN 978-4-407-20291-5
発行日 2014年01月25日発行

自動車を適正に整備するのに必要な知識と技術を習得できる教科書

科目「自動車工学」との関連性に十分配慮

科目「自動車工学」と関連を持たせながら、自動車を構成する各装置の点検・分解・組立・調整の作業内容に関する基礎的な整備技術を履修できるようにしました。

道路運送車両法などの関係法規の概要を解説

自動車を扱う者にとって重要な知識である道路運送車両法などの関係法規を第1章で取り上げ、その概要を全体的に把握したうえで整備技術を学べるようにしました。

安全作業を喚起した記述の工夫

「整備作業上の注意事項」を随所にいれ、また見返しには安全を確保しながら整備作業にあたる例をイラストを用いて紹介するなど、安全作業に留意できるようにしました。

豊富な図と丁寧な説明

整備作業の流れがイメージできるよう、豊富な図を適所に取り入れながら作業の内容・手順などを丁寧に説明し、実習用としても利用できるようにしました。


第1章 自動車の整備と関係法規
 1 整備の目的
  1.保安上の必要性
  2.環境保全上の必要性
  3.経済上の必要性
 2 整備の内容
  1.予防整備と修理
  2.整備の内容とその工程
 3 道路運送車両法
  1.道路運送車両法の目的
  2.自動車の登録制度
  3.道路運送車両の整備
  4.道路運送車両の検査
 4 自動車整備事業
  1.自動車分解整備事業
  2.優良自動車整備事業
  3.指定自動車整備事業
 5 自動車整備士制度
  1.自動車整備士技能検定制度
  2.自動車整備士の養成施設制度
 6 道路運送車両の保安基準 
  1.用語の定義
  2.自動車の保安基準のおもな内容
  3.自動車点検基準

第2章 自動車用材料と加工
 1 自動車用材料
  1.自動車に使われている材料
  2.自動車に使われているおもな材料の性質
 2 材料の機械的性質
  1.強さ
  2.硬さ
  3.衝撃強さ
  4.その他の機械的性質
 3 鋳造
  1.鋳造と鋳物
  2.鋳造法
  3.鋳造材料
 4 塑性加工
  1.塑性加工
  2.鍛造
  3.板金プレス加工
  4.塑性加工材料
 5 溶接
  1.材料の溶接性と溶接の種類
  2.ガス溶接
  3.電気溶接
 6 機械加工
  1.切削加工
  2.砥粒加工
 7 表面処理
  1.鋼の表面硬化
  2.表面皮膜処理
  3.塗装
 8 その他の加工と材料
  1.放電加工
  2.レーザ加工
  3.射出成形
  4.粉末治金
  5.セラミックス
  6.複合材料
 9 自動車用材料のリサイクル
  1.自動車の開発・設計段階
  2.自動車の生産段階
  3.自動車の使用段階
  4.廃車

第3章 エンジンの整備
 1 エンジンの点検
  1.圧縮圧力の測定と点検
  2.吸気マニホルドの負圧の測定
  3.診断機による点検
 2 エンジンの分解
  1.分解作業の準備と注意
  2.エンジンの取りはずし
  3.エンジンの分解
  4.部品の洗浄
 3 エンジン本体各部の点検・整備
  1.シリンダヘッド
  2.シリンダブロック
  3.ピストン
  4.ピストンリング
  5.ピストンピン
  6.コンロッド
  7.クランク軸と主軸受
  8.フライホイール
  9.弁機構
 4 点火装置の整備
  1.故障とその原因
  2.点火装置に必要な条件
  3.イグニションコイルの点検
  4.スパークプラグの点検
  5.点火時期の点検
 5 燃料装置の整備
  1.エンジン集中電子制御式燃料噴射装置の整備
  2.吸気系統の点検
  3.燃料系統の点検
  4.制御系統の点検
 6 潤滑装置の整備
  1.故障とその原因
  2.油圧の測定
  3.オイルポンプの整備
  4.オイルフィルタとオイルパンの点検
 7 冷却装置の整備
  1.故障とその原因
  2.冷却水ポンプの点検
  3.サーモスタットの点検
  4.ラジエータの点検
  5.電動ファンの点検
 8 吸・排気装置の整備
  1.空気清浄器の点検
  2.マニホルドの点検・整備
  3.排気管・排気消音器の点検・整備
  4.ブローバイガス還元装置の点検
  5.燃料蒸発ガス排出抑止装置の点検・整備
 9 エンジンの組立と調整
  1.組立作業上の注意
  2.エンジンの組立
  3.エンジンの取りつけ
  4.エンジンの調整
 10 ディーゼルエンジンの整備
  1.エンジン本体の整備の要点
  2.付属装置の整備
  3.燃料噴射装置の整備
  4.エンジンの点検
  5.浮遊粒子状物質の測定
  6.予熱装置の整備
  7.コモンレール燃料噴射システムの整備
 11 エンジンの性能試験
  1.試験の概要
  2.試験用機器
  3.エンジンの試験
  4.排出ガスの試験

第4章 動力伝達装置の整備
 1 クラッチの整備
  1.故障とその原因
  2.分解前の点検
  3.クラッチ本体の整備
  4.組立と調整
 2 変速装置の整備
  1.故障とその原因
  2.分解前の点検
  3.分解・整備
  4.自動変速装置の点検
 3 プロペラシャフトと自在継手の整備
  1.故障とその原因
  2.分解前の点検
  3.組立と調整
 4 終減速装置と駆動軸の整備
  1.故障とその原因
  2.分解前の点検
  3.分解・整備
  4.組立と調整

第5章 かじ取り装置と懸架装置の整備
 1 かじ取り装置の整備
  1.故障とその原因
  2.分解前の点検
  3.かじ取り軸まわりの整備
  4.かじ取り歯車装置の整備
 2 車軸と懸架装置の整備
  1.故障とその原因
  2.分解前の点検
  3.前車軸と懸架装置の整備
  4.後車軸懸架装置の整備
  5.き裂の探傷法
 3 車輪の整列
  1.測定の準備
  2.測定と調整
 4 車輪の整備
  1.故障とその原因
  2.点検と整備
  3.車輪のつりあい

第6章 ブレーキ装置の整備
 1 ブレーキ装置の整備
  1.故障とその原因
  2.分解前の点検
  3.取りはずしと整備
 2 制動力の測定
  1.ローラ駆動形ブレーキ試験機
  2.制動力の測定

第7章 電気装置の整備
 1 バッテリの整備
  1.故障とその原因
  2.点検と保守
  3.電解液の点検
  4.充電法
 2 始動装置の整備
  1.故障とその原因
  2.スタータの車上点検
  3.スタータの整備
  4.スタータの試験
 3 発電装置の整備
  1.故障とその原因
  2.オルタネータの取り扱い上の注意
  3.車上点検
  4.オルタネータの整備
  5.オルタネータの試験
 4 その他の電気装置の整備
  1.配線
  2.灯火装置
  3.ウインドシールドワイパ
  4.ホーン

第8章 ボデーの整備
 1 外板と車体の整備
  1.故障や損傷の原因
  2.点検
  3.修理
 2 塗装
  1.塗装用機器と使用法
  2.塗装法

第9章 自動車の潤滑
 1 摩擦と潤滑
  1.摩擦と潤滑の状態
  2.潤滑剤の種類と働き
  3.潤滑油の性状
 2 潤滑油
  1.エンジン油
  2.ギヤ油
 3 グリース
  1.増ちょう剤の働き
  2.グリースの性状
  3.種類と用途
 4 粘度とちょう度の試験
  1.動粘度試験
  2.ちょう度試験
 5 潤滑の箇所と時期
 6 給油脂機器
  1.ルブリケータ
  2.油交換機
  3.グリースポンプ

第10章 自動車の性能試験
 1 自動車の完成検査
  1.テスタライン
  2.ファイナルライン
 2 動力性能試験
  1.性能試験
  2.動力性能試験
  3.ブレーキ試験
  4.シャシダイナモメータによる試験
 3 操縦性・安定性試験
  1.停止時の操縦性・安定性試験
  2.走行時の操縦性・安定性試験
 4 乗り心地性能試験
  1.振動試験
  2.騒音試験
  3.居住性試験

  • 年間指導計画案・観点別評価一覧   Update:2014-03-13
    「工業347 自動車整備」年間指導計画案・観点別評価一覧