工業314 環境工学基礎


 工業314 環境工学基礎
編修 花木啓祐 ほか14名
仕様 B5判 224頁
ISBN 978-4-407-20244-1
発行日 2013年01月25日発行

環境に配慮した工業技術者として、環境工学の基礎が身につく教科書

2色刷で親しみやすい紙面

2色刷を効果的に用いた親しみやすい紙面デザインで、理解を助ける豊富なイメージイラストや図によって、図解的に学ぶことができるように配慮しました。

各科共通の低単位履修に対応

地球温暖化をはじめとする地球規模の環境問題から、わたしたちの住む住環境や都市環境の問題まで、幅広い内容をコンパクトに学べるように構成しました。

体験的に身につく環境問題

各章に「調べてみよう」を設け、調査・研究・製作を通じて、自ら環境問題を考えることができるように配慮しました。また、これらの学習を通じて、グループ討議で議論を深め、発表や報告書の作成を通じて、体験的に環境問題が身につくように配慮しました。

環境を意識した工業技術者の育成

産業界のさまざまな取り組みについて多くの事例を取り上げ、持続可能な社会の形成に不可欠な工業技術者としての役割が身につくように配慮しました。


「環境工学基礎」を学ぶにあたって

第1章 地球と人類
1 地球の成り立ち
 1.地球の誕生と原始大気・原始海洋の形成
 2.生命の誕生と進化
 3.地球の構造
 4.地球上を循環する物質
2 地球上の資源
 1.地球上の天然資源
 2.エネルギー資源
 3.鉱物資源
 4.生物資源
 5.水資源
3 世界の資源と人間
 1.人口の増加と資源消費の拡大
 2.世界の資源と日本
 調べてみよう 地球の資源と世界の国々
 Let's Try

第2章 社会と環境
1 社会と環境の歴史
 1.都市の環境問題
 2.日本の環境の歴史
 3.地球環境問題に向けた国際的な取り組み
2 日本の環境政策
 1.環境基本法と環境基本計画
 2.循環型社会形成推進基本法と循環型社会形成推進基本計画
 3.自然環境保全のための制度
 4.環境アセスメント
 5.環境保全の手法
 6.環境保全の担い手
 調べてみよう 企業などにおける3R活動の取り組み
 Let's Try

第3章 地球温暖化とエネルギー
1 地球温暖化とその影響
 1.地球温暖化の原因
 2.地球温暖化の観測と予測
 3.地球温暖化の影響
 4.地球温暖化の防止策と適応策
2 エネルギーの利用技術と地球温暖化対策
 1.エネルギーの供給と消費
 2.エネルギー資源の利用とエネルギー供給技術
 3.エネルギー転換技術と低炭素エネルギー技術
 4.エネルギーの高効率利用のための技術
 5.低炭素社会の構築
 調べてみよう エネルギー消費と二酸化炭素排出量
 調べてみよう 太陽電池の発電実験
 Let's Try

第4章 廃棄物とリサイクル
1 廃棄物の現状
 1.廃棄物とは何か
 2.高度経済成長とごみ問題
 3.廃棄物の組成と処理方法
 4.有害な廃棄物
 5.不法投棄と広域移動
2 廃棄物の処理技術と管理
 1.廃棄物の分別と収集
 2.廃棄物の処理・処分技術
 3.産業廃棄物のマニフェスト制度
 4.ライフサイクルに沿った対策
 調べてみよう 廃棄物の処理とリサイクル
 Let's Try

第5章 地域環境の保全
1 大気汚染の現状と対策
 1.大気汚染とは
 2.排出ガスの処理技術
 3.排出ガス規制の考え方
 調べてみよう 二酸化窒素の測定
2 水質汚染の現状と対策
 1.水質汚染とは
 2.河川・湖沼・海洋の汚染
 3.排水の処理技術
 調べてみよう 水質調査
3 土壌・地下水汚染の現状と対策
 1.土壌汚染とは
 2.土壌環境基準
 3.地下水汚染とは
 4.対策
4 騒音・振動・臭気の現状と対策
 1.感覚公害
 2.騒音
 3.振動
 4.臭気
 調べてみよう 騒音の測定
 Let's Try

第6章 産業と環境
1 産業界の環境管理の取り組み
 1.規制遵守と自主的取り組み
 2.環境マネジメントシステム
 3.環境報告書
 4.ライフサイクルアセスメント
 5.環境ラベル
 6.環境に配慮した製品の使用拡大
 7.環境対策技術と経済
 調べてみよう 環境ビジネス―いろいろな資格―
2 環境リスクと安全管理の取り組み
 1.環境リスクとその管理
 2.作業環境におけるリスクと安全衛生管理
 3.化学物質の環境リスク
3 省エネルギーの取り組み
 1.生産現場での省エネルギー
 2.製品の省エネルギー化を支える制度
4 廃棄物処理とリサイクルの取り組み
 1.消費者製品にかかわる事業者の取り組み
 2.建設業における取り組み
 3.電気事業における取り組み
 4.流通段階における取り組み
 5.地域における事業者の連携
 調べてみよう プラスチックの分別
5 大気・水環境保全への取り組み
 1.生産現場での大気環境保全
 2.自動車での大気環境保全
 3.事業所での水環境保全
 Let's Try

第7章 都市・生活と環境
1 都市システムと環境
 1.人間活動と環境問題
 2.都市のエネルギー消費とヒートアイランド現象
 3.都市の水システム
 4.都市の交通システム
 調べてみよう 被覆材料による日射と気温の関係
2 住環境と健康
 1.住環境
 2.地球環境時代の住まい
 調べてみよう 家電製品の電力測定
3 環境保全に向けたさまざまな取り組み
 1.わたしたちの暮らしと環境保全
 2.環境保全に向けたまちづくり・地域づくり
 Let's Try


付録1 身近な川の総合調査
付録2 研究報告書(レポート)のつくり方
付録3 発表のしかた
付録4 いろいろな環境基準と係数

問題解答
索引

コラム
古代文明と環境
レアメタルとレアアース
オゾン層破壊のメカニズムとフロン類に対する取り組み
ppmとは
炭素の隔離・貯留
放射線・放射能・放射性物質と放射性廃棄物
NIMBY(ニンビー)
ダイオキシン類
環境基準と排出基準
大気汚染の広域的影響
富栄養化
化学物質の環境リスクの計算例
ヒートアイランド現象と地球温暖化
合流式下水道と分流式下水道



  • 編集趣意書・年間指導計画案・評価の観点   Update:2013-05-13

    「工業314 環境工学基礎」 編集趣意書・年間指導計画案・評価の観点