30時間アカデミック 情報活用 Excel2010


 30時間アカデミック 情報活用 Excel2010
飯田慈子、米沢雄介、小林正樹
定価 1,362円(本体:1,238円)
仕様 B5判 208頁
ISBN 978-4-407-32259-0
発行日 2011年10月30日発行

大学での情報リテラシー教育にふさわしいパソコン実習書のシリーズ

●表計算利用に必要な操作を例題で基礎から学べます。

 

●基本からデータ分析までを解説しています。

 

●実務に役立つ関数を多数収録しています(データベース関数を含む)。

 

●表計算の活用法が確実に身につく実習問題を節末に掲載しています。

1章 表計算の基礎

 1 画面構成と基本操作
  1 Excelの画面構成
  2 Excelの基本操作
  3 さまざまな操作
 2 表の作成
  1 データを取り込む
  2 表を構成する
  3 ファイルを保存する

 

2章 データ処理の基礎

 1 数式の利用
  1 数式を入力する(相対参照)
  2 数式を入力する(絶対参照)
 2 テーブルの利用
  1 表のレイアウト
  2 条件付き書式の利用
 3 グラフの種類と作成
  1 グラフの形式
  2 グラフの作成
  3 グラフの印刷
 4 関数の利用1
  1 合計を計算する
  2 平均を計算する
  3 最大値と最小値を計算する
  4 順位を求める
  5 判定を行う
 5 関数の利用2
  1 数値の加工とデータ件数を数える
  2 日付/時刻関数
  3 論理関数
  4 文字列操作関数
 6 関数の利用3
  1 リスト形式の表
  2 データ集計のための準備をする
  3 データを集計する1
  4 データを集計する2

 

3章 データ処理の応用

 1 データの集計
  1 グループごとの並べ替え
  2 項目ごとの集計
  3 集計の追加
  4 集計結果のみの表示
 2 データベース処理
  1 オートフィルターの設定
  2 データの並べ替え
  3 情景に該当するデータの抽出
  4 詳細な条件でのデータの抽出
  5 複数の条件でのデータの抽出
  6 オートフィルターの解除
 3 ピボットテーブルおよびピボットグラフ作成
  1 ピボットテーブルの作成
  2 フィールドの配置
  3 集計方法を変更する
  4 ピボットテーブルのレイアウト
  5 スライサーを追加する
  6 ピボットグラフの作成
 4 グラフ機能を利用した回帰分析
  1 分析を行う前に
  2 回帰分析を行う
  3 結果の利用
 5 データ処理作業を軽減するためのマクロ
  1 マクロの記録
  2 マクロの実行
  3 マクロの保存

 

4章 実践データ処理

 1 作業グループとさまざまなグラフの利用
  1 各学食の売上げを集計する
  2 集計結果をまとめる
  3 データを分析する
  4 レポートを完成する
 2 さまざまな関数の複合的利用
  1 予約一覧表を作成する
  2 クリスマスケーキ予約表を作成する
 3 基礎統計処理の利用
  1 度数分布を調べる
  2 相関関係を調べる
  3 回帰直線を求める
  4 性別の違いによって朝食を抜く回数に差はあるのか
  5 サポートを作成する

 

  • 完成データ   Update:2017-08-23

    「30時間アカデミック 情報活用Excel2010」例題および実習の完成データファイル

  • 素材データ   Update:2011-10-01

    「30時間アカデミック 情報活用Excel2010」例題および実習を作成するための素材データファイル

  • 正誤表(第4~5刷用)   Update:2017-08-24

    「30時間アカデミック 情報活用Excel2010」 正誤表(第4~5刷用)

  • 正誤表(第3刷用)   Update:2017-08-24

    「30時間アカデミック 情報活用Excel2010」 正誤表(第3刷用)

  • 正誤表(第2刷用)   Update:2017-08-24

    「30時間アカデミック 情報活用Excel2010」 正誤表(第2刷用)

  • 正誤表(第1刷用)   Update:2017-08-24

     「30時間アカデミック 情報活用Excel2010」 正誤表(第1刷用)