30時間アカデミック プレゼンテーション+PowerPoint 2007/2010


 30時間アカデミック プレゼンテーション+PowerPoint 2007/2010
池内健治、高澤圭一
定価 1,362円(本体:1,238円)
仕様 B5判 184頁
ISBN 978-4-407-32085-5
発行日 2010年11月30日発行

大学での情報リテラシー教育にふさわしいパソコン実習書のシリーズ

●プレゼンテーションの基本知識からアプリケーション操作まで学べます。

●準備から本番までの流れがわかります。

●PowerPointの操作手順を、例題作成を通じて丁寧に解説しています。

1章 プレゼンテーションとは

1 今なぜプレゼンテーションか
 1 プレゼンテーションとは何か
 2 プレゼンテーションの目的
 3 聞き手の研究が大切
2 プレゼンテーションの実際
 1 目的から見たプレゼンテーションの実際
 2 規模からみたプレゼンテーションの実際
3 聞き手の立場に立つ
 1 プレゼンテーションは双方向のコミュニケーションで
 2 聞き手の不満
 3 話し手の悩み
 4 目的の確認
 5 プレゼンテーションの時間
 6 視覚化の効果
 7 視覚と言葉の組み合わせ
 8 プレゼンテーションのポイント
4 プレゼンテーション能力の活用
 1 プレゼンテーション能力の必要性
 2 プレゼンテーションの学習

2章 プレゼンテーションの構成

1 プレゼンテーションの準備
 1 プレゼンテーションの準備の流れ
 2 事例で学習するプレゼンテーションの構成づくり
2 プレゼンテーションの内容の確認
 1 確認シートによる整理
 2 事前確認項目のポイント
3 構成案づくり
 1 テーマづくり
 2 本題づくりのためのアイデアの整理
 3 マインドマップ
 4 ブレインストーミング
 5 カード法
 6 カードの整理
 7 本題づくり
 8 構成案づくり(構成案シート)
 9 構成の完成(構成シート)
4 説得力のある構成
 1 わかりやすい構成
 2 プレゼンテーションの構成例
 3 批判的思考(クリティカルシンキング)
 4 問題解決
 5 実験結果報告
 6 説得力を高める事例やデータ
5 情報収集
 1 一次資料
 2 二次資料
 3 インターネットの活用
 4 インターネット利用上の注意
 5 情報シートへの記入
 6 著作権への配慮
6 構成のチェックポイント

 

3章 プレゼンテーションの実施

1 プレゼンテーションの表現技術
 1 説得力のあるプレゼンテーションとは
 2 コミュニケーションと表現技術
 3 基本は1対1コミュニケーション
 4 双方向コミュニケーション
 5 コミュニケーションのチャネル
2 言語表現
 1 言語表現とは
 2 わかりやすい表現
 3 正確な言語表現
 4 自信を持って伝える言語表現
 5 場に合わせた言語表現
 6 相手に合わせた言語表現
 7 構成を明確に伝える言語表現
3 非言語表現
 1 非言語表現とは
 2 音に関する非言語表現
 3 音に関係しない非言語表現
 4 服装と身だしなみ
 5 態度・立ち方
 6 表情
 7 視線・アイコンタクト
 8 身振り
 9 自分の癖を直す
4 プレゼンテーションの環境
 1 プレゼンテーション会場の環境
 2 会場レイアウトの種類
 3 照明の調整
 4 マイクやプロジェクタの使い方
5 プレゼンテーションの運営
 1 プレゼンテーション運営の役割分担
 2 運営上の確認事項
6 リハーサル
 1 成功するプレゼンテーション
 2 プレゼンテーションの流れ
 3 リハーサルの進め方
 4 直前の確認と不測の事態への対応
7 プレゼンテーションの評価と改善
 1 プレゼンテーションの学習
 2 聞き手からの評価
 3 ビデオによる自己評価
 4 相互学習
 5 プレゼンテーションとメッセージ

 

4章 視覚資料の作成

1 視覚のポイント
 1 視覚資料とは
 2 視覚化のポイント
2 文字情報のフレーズ化
3 図解で表現
 1 図解作成のポイント
 2 ビジュアル要素
4 グラフによる視覚化
 1 なぜグラフを使うか
 2 グラフの種類と使い方
 3 グラフ活用のポイント
5 表による図解化
6 カラー化
 1 色彩の基礎知識
 2 基本的な配色方法
 3 配色のポイント
7 映像化
8 パソコンでの視覚資料の作成と発表

5章 スライドの作成

1 PowerPointの起動と画面構成
 1 PowerPointの特徴
 2 PowerPointの起動と画面構成
2 テンプレートを活用したプレゼンテーション資料の作成
 1 PowerPointの基本操作
 2 PowerPointの表示モードを切り替える
 3 編集操作の基本
3 新規プレゼンテーション資料の作成
 1 新規スライドの作成
 2 スライドの追加
 3 SmartArtグラフィックの活用
 4 スライドの挿入・移動・削除
 5 スライドショーを実行する
4 プレゼンテーション資料を印刷してみよう
 1 ヘッダーとフッターの追加
 2 配布資料を印刷する

 

6章 効果的なスライド作成と提示

1 見栄えのよいプレゼンテーション資料
 1 配色を設定する
 2 クリップアート、SmartArtの図形の色を変更する
 3 テキストの書式設定をする
2 グラフ・図形・画像を挿入する
 1 Excelのグラフを挿入する
3 プレゼンテーションの実施
 1 アニメーションの設定
 2 リハーサルでの確認
 3 プレゼンテーション本番での操作と心得

7章 プレゼンテーション能力を高めるために
                      

1 プレゼンテーション能力の活用
 1 プレゼンテーション能力の活用場面
 2 プレゼンテーションの弊害
2 プレゼンテーション能力の開発
 1 プレゼンテーションのセンスアップ
 2 自分を表現し、聞き手との交流を楽しむ
 3 最後は人柄で決まる

 

 

 

  • PowerPointの例題の保存データおよび実習の解答例   Update:2010-11-25
    「30時間アカデミック プレゼンテーション+PowerPoint2007/2010」 PowerPointの例題の保存データおよび実習の解答例
  • 例題および実習の素材データ   Update:2010-10-01
    「30時間アカデミック プレゼンテーション+PowerPoint2007/2010」例題および実習の素材データ