数学が好きになる七つの話


 数学が好きになる七つの話
船山良三
定価 1,760円(本体:1,600円)
仕様 四六判 288頁
ISBN 978-4-407-02819-5
発行日 2002年04月10日発行

高校までの数学の常識的な知識があれば、理解できる内容になっています。読みやすく、わかりやすく、おもしろく、ためになる数学の歴史読本です。

●目次●掛け算「九九」の古今東西/人は面積・体積にどう対処してきたか/「負数」が認知されるまでの曲折/「放射線」のわかり方の変せんほか



第1章 掛け算「九九」の古今東西
 掛け算「九九」と万葉時代
 「九九」の発祥はいつか
 ヨーロッパに「九九」はあるか
 「ピタゴラスの表」とは何か
 「九九」の価値

第2章 人は面積・体積にどう対処してきたか
 最少の材料で囲む最大の広さ
 円周率を文字πで表すのはなぜか
 古代の面積公式いろいろ
 古代の体積公式いろいろ
 無限分割法の誕生

第3章 「負数」が認知されるまでの曲折
 用語「負数」の起こりは何か
 見捨てられた「負数」
 虚像の「負数」が実像となる
 なぜ,(負数)×(負数)は(正数)か

第4章 「放物線」のわかり方の変せん
 放物線のいろいろな顔
 誰が何のために円錐を切断したか
 切断面の放物線を点の軌跡と見る仕方
 どうして,放射体は放物線をえがくとわかったか

第5章 「確率」が数学になる前
 「降水確率」は当たる
 「賭け事」の中止から始まった
 「さいころ遊び」の「場合の数」はどう数えるか
 江戸時代の「丁半賭博」は公平か
 賭けの価値を表す「期待値」とその波紋
 組織化への道のり

第6章 「サイン」「コサイン」はどこで生まれ,どう育ったか
 「サイン」という名称の起こり
 星の科学の始まりは「占星術」
 「サイン」の芽生えは天文学の「弦の表」
 「タンジェント」の発想はどこから生まれたか
 三角比となった「サイン,コサイン」の用途が広がる

第7章 実用化されている身近な曲線
 「らせん」の発見
 注目を集めた曲線「サイクロイド」
 「サイクロイド」の意外な特性と効用
 曲がりやすい高速道路の線形は何か

主な参考図書
人名さくいん
事項さくいん