数学教材に関するWordデータ内の数式エディター3.0のご利用につきまして

数学教材に関するWordデータ内の数式エディター3.0のご利用につきまして

 

日頃から実教出版の数学教科書・教材をご利用いただき,心から感謝申し上げます。

All in One 問題データベース および 数学指導資料添付DVD内の一部のWordデータにつきまして,以下にお知らせをいたします。

 

下記サイトにアナウンスされております通り,2018年1月度リリースのWindowsインストーラー版 Office 2007,Office 2010,Office 2013,Office 2016 向けの更新プログラムを適用すると,数式エディター 3.0 の機能が削除されます。

https://blogs.technet.microsoft.com/officesupportjp/2018/01/15/equationeditor3-0_removed_from_office/

 

弊社のAll in One 問題データベースから問題を選択してWordデータ化したもの,および,指導資料添付の一部コンテンツ(プリント作成ソフト,確認テスト集,ベーシック計算ドリル)につきましては,数式エディター3.0機能を用いており,上記更新プログラムの適用によって数式の編集が不能となっております。

数式以外の編集やプリントの閲覧・印刷については従来通り支障はございませんが,数式の編集が必要な場合には,以下のような方法が考えられますので,ご参考までにご案内申し上げます。

 

①Math Type(Design Science社)を利用する方法

数式編集ソフト「Math Type」の購入・インストールにより,Word上で数式エディター3.0のまま編集が可能となります(アドイン式)。

1ヶ月無料体験版をご利用の場合,期間終了後は機能限定版として継続利用が可能となります。

https://store.wiris.com/jp/products/downloads

 

②LibreOffice(The Document Foundation)を利用する方法

無料オフィススイート(オフィス用アプリケーションをセットにしたパッケージ)の「LibreOffice」をインストールして利用することで,doc形式ファイルを編集することができます。LibreOfficeで開いたファイルをdocx形式で保存後,「Microsoft数式エディター」で編集することも可能となりますが,一部の数式が再現されない場合もございますのでご注意ください。

https://ja.libreoffice.org/

 

 

従来からお使いの数式エディター3.0をご利用いただけなくなり,大変ご不便をおかけいたします。

心からお詫び申し上げます。

なお,上記のご案内に関しまして,お使いの環境において支障が生じた場合の補償につきましてはご容赦くださいますようお願い申し上げます。何とぞご理解を賜りますようお願いいたします。

 

2018年 5月   実教出版株式会社