家基316 新図説家庭基礎

編修: 宮本みち子、安部サト、生野晴美、石井真木、岩崎正吾、内村理奈、小河原薫、葛西志保子、菊池信子、岸本幸臣、久保田裕子、後藤久、小宮山雅子、品川明、清水裕子、鈴木洋子、手塚貴子、中村真理子、楢府暢子、福田誠治、堀田浩子、堀内かおる、堀越栄子、前原和子、馬飼野裕子、松本美鈴、松本安生、宮崎陽子、桃厚子、湯澤馨子

AB判 192頁
ISBN:978-4-407-20381-3
2017年01月25日発行

教科書のご購入につきましては、お近くの特約供給所へお問い合わせください。
くわしくは、「全国教科書供給協会」のサイトをご覧ください。

家基316 新図説家庭基礎

基礎・基本と体験を重視しました

基礎・基本の定着と体験を重視

生活者として自立して生きていくために必要な基本的事項を重視しました。
基礎・基本を身につけるための教科書です。
からだを動かして、知識や技術を体験的に習得することをめざしています。

ワイド判の長所をいかし、資料を豊富に掲載

本文は精選し、本文に関連する資料や写真、側注の用語解説を充実させました。
読みやすい、ビジュアルな誌面となっています。
同じジャンルの資料はまとめて掲載しており、授業中に参照しやすいよう配慮しています。

見開き展開

1つの単元(節)を原則2ページとしました。授業を効率よく進められるとともに、生徒が授業に集中することができます。

実践コーナーを新設

授業の中で適宜取り入れられるよう、各章末に4ページずつ実践コーナーを設けました。
からだを使い、実習や体験を通して、座学で学んだことを身につけることができます。

調理実習の手順は写真で掲載

生徒の生活体験が少なくても理解しやすいよう、調理実習の手順を写真にしました。

身近な話題で生徒の興味・関心を喚起

日々の生活で目にすることのある言葉をコラムとして取り上げることで、学習内容と日常生活が結びつき、生徒が興味・関心を持てるようにしました。

自立に向けての基礎的な教材を掲載

巻頭資料「働くということ」、巻末資料「調理の基本」「加熱器具を安全に取り扱う」、手縫い・ミシンの扱い方など、自立した生活を送るための基礎的な教材を豊富に取り上げました。

 

目次←ここをクリック



  • 目次
  • ダウンロード

関連書籍

前のページへ戻る